バリ島の建築基準法・規制をナビゲートする。

Nata Konstruksiを使ったガイド

バリ島の建築法規をナビゲートする。Nata Konstruksiによるガイド
フェイスブック
ツイッター
LinkedIn

観光地として人気の高いバリ島では、居住者と観光客の安全と幸福を確保するために、厳しい建築基準法が定められています。これらの規範や規制は、建物の設計、使用材料、安全要件など、建築のさまざまな側面をカバーしています。

主な規制としては、以下のようなものがあります。

  • 建物の高さ制限:

    バリ島では、地域の伝統的な美観を維持するために、特に観光地では建物の最高高さに関する厳しい規制があります。バリ島では、島のユニークな文化と美的アイデンティティを維持するために、建物の高さ制限が設けられているのです。高さ制限は通常、観光地の建物では15メートル(49フィート)、これらのゾーン以外の建物では18メートル(59フィート)に設定されています。ただし、寺院やその他の文化的な場所の近くでは、より厳しい高さ制限が適用される場合があります。この規制は、低層建築物、緑豊かなライステラス、美しい寺院を特徴とするバリの伝統的な景観とスカイラインを維持するものです。

  • 建物の設計とスタイル:

    バリ島の独特な建築様式は、現地の建築基準法にも反映されています。建物のデザインは、現地の文化や美的伝統を遵守し、安全上の要件を順守しなければなりません。

  • 耐震性です:

    バリ島は、地震が多い "リング・オブ・ファイア "の一部であり、地震が発生しやすい地域です。そのため、現地の建築基準法では、耐震性を考慮した設計や建築が求められています。そのためには、いくつかの重要なポイントがあります:

    構造設計を行う:地震による横方向の力に耐えられるような、強固で剛性のある骨格を持つ建物を設計する必要があります。そのため、鉄筋コンクリートや鉄骨など、力を吸収して構造全体に分散させることができる強度の高い材料を使用することが多い。

    基礎の設計です:基礎は強固な地盤の上に築かれ、建物からの荷重を安全に地盤に伝えるよう設計されなければならない。地震時の安定性を確保するために、杭やケーソンなどの深礎システムを採用することもあります。

    建築技術:建築技術:地震発生時に建物の構造的な完全性を維持するために、建築工程では特定の技術や方法を遵守する必要があります。例えば、構造体同士の接合は強固で安全でなければならず、コンクリート構造では適切な補強を行う必要があります。

    レトロフィット:場合によっては、既存の構造物が建築基準法の耐震要件を満たすために改修が必要になることがあります。この場合、壁、柱、その他の構造要素を強化したり、新しい構造要素を追加したりする必要があります。

  • 建材です:

    バリ島の建築基準法では、環境に配慮した持続可能な建材を使用することを重視しています。これらの材料は、環境への影響を最小限に抑え、可能な限り地元で調達し、エネルギー効率を促進する必要があります。持続可能な建材の例としては、以下のようなものがあります:

    竹です:成長が早く、再生可能な資源である竹は、従来の広葉樹の代替品として優れています。軽量で強度があり、柔軟性があるため、床材から構造材まで、さまざまな建築用途に適しています。

    リサイクル素材:再生木材、金属、レンガなどのリサイクル材を使用することで、廃棄物を減らし、建設プロジェクトの環境負荷を軽減することができます。

    天然の断熱材です:ヤシ繊維やもみ殻などの素材は、効果的な断熱材としてエネルギー効率を高め、人工的な冷暖房システムの必要性を減らすことができます。

    グリーンルーフ植物で覆われた緑の屋根を取り入れることで、エネルギー消費の削減、都市のヒートアイランド現象の緩和、緑地の追加などが期待できます。

  • 火災時の安全性バリ島の建築基準法には、非常口、火災報知器、スプリンクラーなどの火災安全に関する規定も含まれています。

建築基準法や規制は、構造物の安全性と持続可能性を確保するために設けられています。バリ島では、建築基準法と規制はインドネシア政府とバリ島の地方政府によって管理されています。これらの規制は、地域の建築物の建設、設計、維持管理の基準を定めています。

バリ島には、地質、気候、文化などの特徴を考慮した独自の規制があります。例えば、頻繁に起こる地震や強風などの自然災害に耐えられるような建築物を設計することが定められている。また、島の美観や文化遺産を維持し、島の個性を大切にすることも求められています。

これらの建築基準法や規制を遵守することは、建設業者や開発業者にとって複雑で時間のかかるプロセスです。Nata Konstruksiは、バリ島の大手建設会社として、建設プロセスを通じて専門家の指導と支援を提供することにより、これらの規制をナビゲートすることができます。彼らは、現地の建築基準法や規制を完全に理解し、すべてのプロジェクトがこれらの基準に準拠して完了することを保証するために必要な経験と知識を持っています。

あなたが建設業者、開発業者、または不動産所有者であろうと、Nata Konstruksiは、あなたの建築プロジェクトがバリの地元の建築基準法や規制を遵守して完成することを保証するお手伝いをします。彼らの専門知識と持続可能な建築手法への取り組みにより、建設業界では信頼できるパートナーとなっています。

関連記事

インドネシアの下請け慣行

インドネシアの下請け慣行

インドネシアの下請け実務 Facebook Twitter LinkedIn 画像:Nata 下請業者 下請業者とは、契約する個人または事業体のことである。
バリ島で進行中の建設プロジェクト - トゥリアパダ・タワー、プラ・アグン・ブサキ、バリ文化センター地区、パラマウント・テーマパーク・バリ

バリ島で進行中の建設プロジェクト - トゥリアパダ・タワー、プラ・アグン・ブサキ、バリ文化センター地区、パラマウント・テーマパーク・バリ

バリ島では、トゥリアパダ・タワー、プラ・アグン・ブサキ、バリ・カルチャー・センター・エリア、パラマウント・テーマパークなど、最新の建設プロジェクトが行われています...。
建築家バリ。伝統と現代のデザイン

建築家バリ。伝統と現代のデザイン

建築家 バリの伝統と現代のデザイン Facebook Twitter LinkedIn Image:カシアンダ・ヴィラ インドネシアのバリ島には...

当社物件一覧

設計・施工

HSヴィラ

バリ島

設計・施工

ジャスミン・ヴィラ

バリ

建設

ニスカラ ヴィラ

ウマラス - バリ島

建設

カシアンダ ヴィラ

ベラワ - チャングー